1

ITを活用した業務効率化

IT導入支援

中小企業がDXを推進するためのIT導入に並走します。

IT導入支援ヒアリングから実行まで

「ITを導入したほうが良いというのはわかっているけれど、どこから手を付けたら良いのかわからない」という中小企業の皆様の声をよく耳にします。DX学校では、こうした中小企業に並走する導入支援を行ないます。

DX学校赤坂本校では、「IT人材の育成」のページのページで紹介したIT導入士の検定資格を各社最低1名は取得していただくことをお願いしています。DX学校がいくら真剣に支援を行っても社内に推進をする人材がいないと、IT導入は進んでいかないからです。そのうえで、経営陣に聞き取りをさせていただいて、最も業務が効率化し、働く人一人ひとりが最も効果を実感し、効率が上がってポジティブになれる道筋をさがし、実行していきます。

IT導入のいろいろ

ITにはさまざまなツールがあります。メールやチャット、ウェブ会議などの社内のコミュニケーションをIT化することによって十分な効果が得られる企業、グループウエアやファイル共有システムを導入してテレワークをすすめるのが良い企業、中小企業向けのERPを導入したほうが良い企業、など、企業によって手を付けるべき部分が異なります。これを聞き取りによって明らかにし、企業内のIT導入士とともにIT導入を推進していきます。

実際のコンサルティングは、赤坂本校のみならず全国のDX学校所属のIT導入診断士の得意分野を活かして起用していきます。全国のDX学校のIT導入診断士には、特定の産業分野に特に強い人、会計分野に強い人など、多彩な人材がいますので、彼らの中から各社に最適な人物がコンサルティングして、企業の発展に並走していくのです。